『一周年企画(未決定)』  No.55
えーー(・−・)

えーーと(・−・)


えーーーと、なんて申し上げますかですね、
えーと、 えーと、このサイトがですね、
めでたくなのかなんなのか良く分からないんですが
このたび1周年を迎えたそうなんですよね(・−・)
(メールにてあたしに教えて下さった方々、どうもありがとうございます。
 あたし本人もすっかり失念しておりました(爆))

これもですね、えーと、その、皆様の日ごろのご愛好・・・じゃないや、
ご愛読の賜物ではないかと、この紫乃女心より感謝申し上げる次第であります。


つきましては、えーと、あいてててて!( ̄〜 ̄;) ←舌を噛んだ


うーむ、いかんいかん(-"-)
どうもカタックルシィ文章は慣れてないのでやりにくいな。

えーとまぁじゃあいつもの調子でやらせて下さい。

最近、薔薇のシッポ及び銀30枚に対して、
山のように「贈り物」が 届いております。
皆様お心遣いありがとうございますm(__)m

「願いが叶いました」という嬉しいお礼状と共にお菓子を下さる方や、
「毎日お忙しいでしょう」というねぎらいの手紙と共にお菓子を下さる方や、
単なるウケ狙いでお菓子を下さる方々からの贈り物で
うちの事務所の一角はお菓子の山です。全てハンジャル工房へ輸送しておりますが。

せっかくですので、そのほんの一部をご紹介いたしましょう(・−・)/





頂く品の大半は地方の名産品ですが、意外とお茶が多いです(・−・)
これにはちょっとあたしもびっくりです。



神戸ポートビアホテル本館29Fに『聚景園』という中華料理屋さんがあるのですが、
そこの料理長であらせられる岡本氏は、「最近の日本では、紙パックや
ペットボトルに入った、味気の無い薄い茶ばかりが流通している」と
大変お嘆きでした。 面白いことに本場中国では、その飲みやすさがウケて、
日本の(名前出すならサントリーの)烏龍茶がナウヤングに大人気なんだそうですよ。

しかしながら岡本料理長は、「茶は文化である」とのお考えをお持ちの方なので、
そういう「飲みやすさ」が「本来の味わい」を駆逐してゆく、この風潮を
嘆いておられました。 あたしは神戸に帰るたびに、岡本氏の店を訪ねるのですが、
今度彼にお会いした時には、頂き物にお茶が多かった話でもして、
「まだまだ『日本魂』は健在ですぞ!」とお伝えしようと思っております。
岡本料理長もさぞお喜びになることでしょう(⌒▽⌒)ノ


* これは余談ですが、あたしは彼は日本で5本の指に入る
  中華料理の料理長だと評価しております。
  その腕前もさることながら、彼はいつまでも「中華を極める」ことを
  止めない人です。 いつも様々な食材にチャレンジし、オリジナルな料理を
  編み出すことに あくなき闘志を燃やす人なのです。
  あたしはそんな彼の「道を極めよう」とする その姿勢を高く評価したいと思います。
  そして、そんな志を持った男が作る料理は旨いもんなんですよ(⌒▽⌒)

  高級素材を使うから飯が旨いんだったら誰でも出来ますよ。
  どこにでもある食材を使いながらも、彼の「一工夫」で
  ここまで味が昇華されるものなのかと、あたしはいつも驚かされます。
  神戸に行く機会のある方は、是非彼の店を訪ねてみて下さい。


話がそれましたな ( ^‐^)_且~~

頂くお菓子は基本的に、ハンジャル嬢やスタッフのおやつと化します。
こないだERI嬢が研修に来られてた時のお茶菓子にもなりましたな。

ERI嬢は元々ご自分用のアクセサリーなどを自作なさる方なのですが、
同じアクセサリーを作るなら、ガラス玉よりもパワーストーンのほうがいいと
おっしゃられて、このたびパワーストーンアクセサリーの作り方の研修ということで
GW中事務所にお見えになっておられました。

ERI嬢は容姿性格共に、天に恵まれたモノをお持ちのお嬢さんなのですが、
(実際美人ですよ。スタイルもいいしね)やや、天然度が平均値を上回っておられます。
(上回っているという表現は、大変控えめな表現でもあります)

ハンジャル嬢は天下にその名を轟かせる天然度を誇るお嬢さんですので、
天然同士二人っきりにしたんじゃ、まとまる話もまとまらんだろうということで、
あたしが代理としてERI嬢の指導に当たることになりました(・−・)/

しかしながら、突飛な性格ということでは他者の追従を許さないあたしと、
天然度ということなら、日本代表選手権出場可能なERI嬢との話し合いでは
ますますまとまる話もまとまらんということになり、とうとううちの局長まで
参加することに あいなったわけです(・−・)

だがしかし。
その「世界に誇る突飛な性格」のあたしを部下に従えることが出来る局長の性格も
こう申し上げてはなんですが、決して並のものではありません
話し合いは難航を極めました。


まずは基本的な石の配列を教えねば・・・と
手持ちの石をERI嬢の前に並べるあたし。
何十種類という石の中から、用途に合わせて石を選んでゆくERI嬢。


ERI嬢:「あ、この石変わってるー」

あたし:「(お、秘蔵の石に目をつけおったな♪)(・−・)y-.。o○」

ERI嬢:「これはなんていう石なのー?」

あたし:「なかなかいい質問だぞ。それはだな・・・(・−・)y-.。o○」


局長:「それはね、平清盛首塚から取ってきた石なんだよ〜〜〜(m--)m」



初耳だっ!( ̄▽ ̄;)



固まるERI嬢!煙草を落としそうになるあたし!


ERI嬢:「・・・・ほ、ほんとぅ・・!?」←泣きそう

あたし:「ち、違う違う!それはマダガスカル産の・・・っ!」

局長:「呪いの効果はバッチリだよ〜〜〜〜〜(m--)m」

ERI嬢:「・・・ま、マダガスカル産平清盛・・?」



んなわけないやろ!(ノ ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ⌒━┻━┻━




あたし:「落ち着け!平清盛は日本産だっ!
     
てか、そういう問題じゃねぇ!
     それは、マダガスカルの海岸近くで産出される
     『オーシャン・ジャスパー』の一種で、緑泥石がアゲート化したものだ!
     要するに、マダガスカルの海岸で取れるメノウの一種だ!
     その名を『カンババ・ジャスパー』という!」

ERI嬢:「ほ、ほんとに・・?」←涙目

あたし:「平清盛マダガスカルとどっちが信憑性があると思うのかね!?」

局長:「あっはっはっは♪」←楽しそう

あたし:「あんたも話をややこしくせんで下さい!(ノ*`´)ノ⌒┻━┻」


話し合いの難航具合がご理解頂けるでしょうか(-"-)


余計なチャチャが無ければ1日で終わりそうな作業でしたが、
結局2泊3日の日程を要しました(-"-)
途中、「マヨネーズ嫌い」なERI嬢と「カニアレルギー」のあたしと
「アボガト嫌い」な局長の昼食として、
「マヨネーズたっぷりのカニ入りアボガトサラダ」を ERI嬢がオーダーするという
ハプニングも起こりましたが(誰も食えねぇ)、 ブレスレット製作研修自体は
無事終了いたしました。
無事に終わったことが奇跡のような気もする紫乃女です(-"-)


ERI嬢ブランドのブレスはそのうちハンジャル嬢のサイトにUPする予定です。
しかし、「薔薇のシッポ」サイトは面白いとこですよ(・−・)
偶然なんだとは思うんですけどね、 ハンジャル嬢の本名は「浅」さんです。
お手伝い一号ながのっち嬢は「永」さん。
今メールを担当してらっしゃるのが「中」さん。
んで、ERI嬢の本名が「○」さんなんですよね・・・。
あそこの店って「野」がつく人が集るとこなんだなぁー(・−・)y-.。o○

全国の「○野」な皆さん!
薔薇のシッポはあなた方を熱く応援しているかもですぞ!(意味不明)


さて。
1周年だし、なんかイベントでもやるかなと、
ハンジャル嬢の工房を漁っていたあたしなんですが、
頂き物の中である意味「ジンギスカンキャラメル」を凌駕するやもしれぬ
危険極まりないアイテムを発見いたしました。
それをここにご紹介いたしましょう(・−・)/



バカボン氏とそのお父様主催の飴のようです。



一見普通のイチゴ味飴7個入りのようなのですが・・・



実に1/7の確率です!
まるでロシアンルーレットのようですな!(⌒▽⌒)ノ


この実にユニークでデンジャラスな飴を用いて
なにかイベントを考えてみようとたくらんでいる紫乃女です。
この飴を送って下さった方のお名前を冠して、えとわす嬢記念杯」イベントでも
行おうかと思っております。「とっても辛いの」に当たった人が当選者ね(⌒▽⌒)

記念品は何にしようかなー。
さっそく明日にでも局長に企画を持ち込んでみるかな!(⌒▽⌒)ノ


・・・すでに食われてたりして(爆)




**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20