『Bottoms up!(グッといけ!)』  No.62
ども(・−・)/D


いきなりなんですが、最近あたしのマイブームは
農協から出ている 『健康菜園紫のフルーツ&ベジタブル』って飲み物なんですよ。
紫乃女なだけにが好き!うわははは(⌒▽⌒)ノ ←何がおかしい


いや、実はですね。
norsinの旦那にも再三注意されていることなんですが、
あたしゃ好き嫌いの権化でして(・−・)
野菜で言うならばトマト・セロリ・生のピーマンが大嫌いです。
ゴーヤとかもう許せないね!あれは野菜じゃない!
すでに兵器と言っていいレベルでしょう!

まぁあたしの場合、親父が凄まじい偏食家でしてね。
んで、一人娘はそんな親父の背中を見つめながら大きくなっちゃったんで
しょうがないっちゃーしょうがないんですけどね。
(ちなみに煙草も親父が吸ってるのを見て吸うようになりました。
 子供心にはかっこよく思えたんですよ。
 当時の渋い男連中は皆煙草を吸うもんでした。
 『危ない刑事』のお2人も吸うでしょ?
 まぁ、あたしが煙草を吸うようになった頃に親父は禁煙しちゃいましたがね(爆))


しかしまぁ、いつまでも親父の背中を見つめているわけにもいかんので
なんかこうお手軽に取れる野菜はないもんかいなと
コンビニで飲料が陳列されている棚を ぼーーーーっと眺めておりましたら、
なにやらうまそうな紙パック飲料が目に留まりました。

実はあたしゃ葡萄味のものが大好きでして!(⌒▽⌒)ノ
果物としての葡萄はあまり食べません。
剥くのが面倒だからです。←天下無敵のめんどくさがり屋
しかしその手間が省かれている葡萄味のものは大歓迎なんですよ。
しかもこの飲料にはあたしの大嫌いなトマトとセロリが含まれておりません。
果実としては(りんご、ぶどう、ブラックカーラント、レモン)
野菜としては(にんじん、紫いも、紫キャベツ、レッドビート、ほうれん草、
 アスパラガス、ブロッコリー、ケール、緑ピーマン)
がこいつの材料なわけです。
ブラックカーラントはまぁカシスみたいなもんだし、レッドビートはカブだしさ。
とりあえず口に含んでも噴出しそうな成分は入ってなさそうに思えましたので
ちょいと飲んでみることにいたしました。

結構イケるんだなこれが!(⌒▽⌒) /D

しつこくない味わい(簡単に言えば味が薄め)ですので、後味もさっぱり。
オススメですよ♪


てか、まぁこういう「野菜を果汁でごまかしてるんだぜベイベー」系な飲み物は
わりと好きです。「野菜ジュース!」「果物ジュース!」ときっちり銘打っているものには
あまり手を出しません。

だってね、ちょっと考えてもみて下さいよ(・−・)/
本来の野菜好きであれば、なにもこんな「ごまかし系ジュース」を飲む必要は
ありません。 ジュース側としても、「俺様はトマトジュースである!( ̄▽ ̄)b」と
胸を張っていれば済む話です。文句がある奴は飲まなければいいんですからね。

しかし野菜嫌いな奴のためになんとか野菜を摂取させようという
涙ぐましい試行錯誤の結果、このようなごまかし系ジュースが
製品化されているわけでしょう?
それってさ、なんだかこんな(↓)時代劇の一場面を思い起こさせませんか?


あたし:「今ここに怪しい連中(野菜)が逃げ込んできただろう!素直に差し出せ!
     さもなくば命はないぞ!」

果汁:「へへへ、ご冗談を旦那。誰もいやしませんぜ、あっしだけっすよ(滝汗)

野菜:(すみっこにかくまわれて震えている)


ごまかし系ジュースを飲んでいて、舌先をちらっと野菜な味わいがかすめても
このシーンを思い起こせばそれを咎める気にはとてもとてもなれません!
(野菜に罪はねぇんだ。ここは見なかったフリをしてやるのが粋ってもんだぜ)と
目をつむって飲み干すあたしです(・−・)b


こんな感じであたしゃ結構色々な飲み物に手を出すのですが、
基本的には緑茶を摂取します。緑茶以外だとストレートの紅茶、ブラックの珈琲、
あとはビタミンくさい味わいが際立つ飲料水です(例:オロナミンCとかリポビタンDとか)

面白いことに、うちの局長は夏でも冬でも朝でも夜でもアイスカフェオレ一辺倒です。
もう血液の代わりにカフェオレ流れてんじゃねぇかなと思うほどの勢いです。
しかも、カフェオレが切れると仕事を放棄する悪癖の持ち主で(-"-)
うちの事務所の円滑な運営にカフェオレは欠かせないというわけですよ!

そんなある日。 事務所の冷蔵庫を覗いた局長が文句を言い始めました。


局長:「カフェオレが切れてる!今日はもう休みだ!」

あたし:「うそーん( ̄▽ ̄;)」


さぁ大変です。
カフェオレが無いあいだは仕事をしてもらえません。
これは急いで補充する必要があるわけで。
ちょうど煙草も切れていたので、煙草を買うついでに
そこらへんの自販機で カフェオレも買ってやれと、あたしは外に出かけました。

うちの事務所のすぐ隣にはジュースの自販機が3台、
煙草の自販機が2台設置されています。
んじゃまずはカフェオレでも買うかな・・・と自販機にコインを入れ、
ぽちっとボタンを押したあたし。

・・・確かにカフェオレを選んだはずなのに、
取り出し口にガコンと落ちたのは別の商品でした。
以下があたしの行動と自販機の対応です。


1. ネスカフェの「匠カフェオレ」のボタンを押す
   → 大塚ベバレジの「本茶房白いお茶」が出る

    

2. 「本茶房白いお茶」のボタンを押す
   → ネスカフェの「匠ブラック(無糖)」が出る

    

本来ならばここで臆することなく「匠ブラック」のボタンを押すところなのですが、
あいにくとその時あたしは小銭の持ち合わせが十二分ではありませんでした。
この後煙草を買うことを計算に入れると、自販機でロシアンルーレットを
楽しめるのはあと1回きりです。
つまりあと1回のチャレンジで確実に「カフェオレ」を当てる必要があるわけで。
んでも何押したら当たりなのかさっぱり分かりません!

困り果てたあたし。
ロシアン自販機とにらみ合いを続けます。
ふと自販機の横っ腹を見ると、そこにその自販機を管理している会社の
サービスセンターの電話番号が書かれていることに気づきました。
さっそく携帯でコールするあたし。


担当のお嬢さん:「はい、○○サービスセンターです」

あたし:「すみません。実は●●-▲▲-■■のナンバーの自販機なのですが」

担当のお嬢さん:「はい。どうかなさいましたでしょうか」

あたし:「ネスカフェのカフェオレのボタンを押すと、本茶房白いお茶が出るんです」

担当のお嬢さん:「え!?」

あたし:「で、本茶房白いお茶のボタンを押すと、今度はネスカフェのブラックが出ます」

担当のお嬢さん:「ええ!?」

あたし:「んなわけで、ひとつモノは相談なのですが」

担当のお嬢さん:「は、はい・・・」

あたし:「どのボタンを押せばネスカフェのカフェオレが出るのか
     こっそり教えては下さいませんでしょうか」

担当のお嬢さん:「ええーー!?( ̄▽ ̄;)」


御代をお返ししたい VS んなことより当たりのボタンを教えろ の攻防が
しばらく続きましたが、 担当のお嬢さんでも当たりのボタンがどれなのか
わからないと知り、がっかりするあたし。
しょうがないのでロシアン自販機の横の自販機でワンダを買って一件落着です。

しかしながら、あまりに面白かったので担当のお嬢さんに
「サイトのネタにしていいですか?」と 許可を求めたところ、
「社名を伏せてくれるのならOK」という快い(?)お返事を頂きましたので
今回ご紹介させて頂きました(⌒▽⌒)ノ 
今度こそ山のような小銭と共にチャレンジしたいと思っている紫乃女です。


そうそう。 同じ「自販機」続きのネタですが、
JR浅草橋駅(東京)のすぐ近くに、非常にやる気のない自販機がございます。
それがこれね(・−・)b


おいおい。
「ファイトーー!」「いっぱーーっつ!」なドリンクがこんなことではあかんやろ!
QOOが倒れてんならまだ目を瞑るが、お前が倒れてどないすんねん!
しゃんとせんかしゃんと!(ノ ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ⌒━━┻━━┻━━



**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20