『ちょっとしたコツ』  No.74

ども(・−・)y-.。o○
ここんとこ超多忙だったせいで、少々疲れ気味の紫乃女です。
皆様ご機嫌いかがですか?


さて。
「質問BBS」のほうで、
「見ちゃダメ護符を使用する際に気をつけたほうがいい2〜3の項目」 に関して
改めてコラムをUPするとお約束しましたので、
ここに約束どおりまとめてみようかと思います。

ま、見ちゃダメ護符に限らず、術というものを行う場合、
術という言葉がお嫌いならば 「現状をあなたの望む未来へと変化させるために
奇跡を偶発させる」ためには、 ちょっとしたコツが大事です(⌒▽⌒)ノ 
そのコツを会得しておいたほうが、結果的に容易く現状変化を起こすことが
出来るのでね。今からそれをご説明いたしましょう 。



1.いきなり最終願望を願わないこと


例えてみましょうか。
あなたは今2Fへと続く階段の一番下の段にいます。
あなたの最終願望は「2Fへと上がること」。
この際自分の足で歩むってのはナシだと仮定しましょう。
あくまでも他の力のみで2Fへ上がらねばならないのです。いいですね?(・−・)b

で、あなたが1Fにいながら「どうか自分を2Fへと上げて下さい」と
一心に願ったとしましょう。
あなたが「2Fへ自分を上げて下さい」としか祈らなかった場合、
あなたの願いを叶えるためには、大規模な局地的地震を起こすか、
でかいトラックでも突っ込ませるかして、その衝撃であなたを2Fへ
放り上げるしかありません。
クレーン車のでかいのでも突っ込んできてくれれば
嫌でもあなたは2Fへと放り出されるでしょうしね。
ま、2Fに到達した時にはミンチになってる可能性も大ですが
(爆)

ではここで考えてみましょう。
あなたを1Fから2Fへと放り上げるほどの地震を起こす力や
でかいトラックなどを突っ込ませるほどの奇跡を起こす力を
あなた一人の願いだけで叶えるには、どれほどの力の蓄積が必要かってことを。
どれほどの出力をどれほどの期間出し続け、どれほどの力を蓄積しなけりゃ
起こせないかってことを。
言っちゃ悪いけど、あたしだってそんなことやり遂げる自信ないや(・−・)y-.。o○
そんなに根気もないしね。

つまりこれは非常に効率の悪い願い方をしている例です。
では慣れた術師であればどう願うのか。

要は2Fへ行けりゃいいんでしょ?
それも他力のみで。
じゃあ、「あたしの後ろから階段へと歩いてこようとしてるあいつが、
階段を上がる際にちょいとあたしの背中にぶつかってくれたらいいんだけど」と
祈ってみるってのはどうですか?

これが叶うとどうなるでしょう?
その自分の後ろから来た人物が、階段を登る際、
あたしの背中にちょいとぶつかっちゃって、
その反動で、押されたあたしはふらふらと階段の2段目に上がっちゃう…
そういうことだって起こり得る。そうですよね?
単純にこれを繰り返せば、最終的に2Fへだって上がれる。
そうお思いになりませんか?

では、地震を起こしてあなたを2Fへ放り上げる奇跡を起こす力と、
後ろから来た人物があなたの背中にちょいとぶつかっちゃう奇跡を起こす力とでは
どっちがより小さな力で叶うと思いますか?後者でしょ?
しかも後者であれば、1回ごとにその術がうまくいったかどうかを
短いスパンで確認することも出来ますよね?
うまくいけばいくほど次回の術への迷いや不安が消え、自信と確信が生まれる。
術も叶いやすくなるというわけです(⌒▽⌒)ノ

最終願望を叶えるには、まず第一段階として、
何を願うべきなのか、 まずどのPOINTの現状を変化させるべきなのか、
この耐え難い現状を生み出している元凶を 破壊するには、
まずどこから手をつけるべきなのか、 どこから攻めれば一番効率が良いのかを
見極める癖をつけましょう

奇跡を偶発させいんなら、まずそこから考えるべきです。
闇雲に祈らないの。溺れた者が藁をつかんでじたばたしたって
海の底に沈むだけです。 耐え難い苦しみに襲われた時ほどCOOLになりましょう。
術中はHOTな心で、でも頭はCOOLに。
冷徹なまでの計算高い気持ちで、現状を分析し、解析しましょう。
何が一番近道なんだと、その近道をどういう段階に分けたらいいのかと、
そしてその第一段階を叶えるには 何が必要で何を排斥すればいいのか
と。
それが出来たら「どう祈ればいいのか」っていう答えは
自然と心に浮かんでくるはずです。


あたし自身が女性ですので
(DNAはね)、 あまり女性の悪口は言いたかないですが、 女子供ってのはこれがへたくそですなぁ(´_`;)
この点においては野郎のほうが上のことが多いです。
きーーーーーっとなっちゃってるのは分かります。あたしだってなりますから。
でも落ち着いて。心を静めろって言ってんじゃないですから。
COOLに計算しろって言ってるんですよ。
この世は今自分の手の平の上にある。どう料理してやろうか…
それくらいの考えで術に挑んだほうがいいですよ。

いかにあなたが足の速いチーターであろうとも、
いきなりバッファローの真正面から戦いを挑んだら、
ほぼ100%あなたは負けるでしょう。
まずは追いすがって相手の後ろ足を噛みなさい。
噛んだら絶対に牙を離さず、後ろ足で踏ん張りなさい。
次に両手をバッファローの腰に掛け、爪をむき出しにして
深く相手に突き立てるのです。 自分の全体重を相手の腰以下に掛けるようにし、
相手を地面へと引き倒しましょう。
さぁ、そこまで出来てから、喉を噛み裂くのですよ。
いきなり喉を狙えばバッファローの大きな角があなたの腹部を貫くことでしょう。
そしてあなたは願い叶わずサバンナの荒野を己の血で染め上げるだけです。

物事には段階ってのがあるんですよ。
段階を踏めずに最終願望だけを強く願い続けることってのはね、
この愚かなチーターと同じ行為をしているってことなんですよ。

野生動物でさえ、そこらの猫でさえ、出来ることなのに、
哺乳類最高峰の脳味噌を誇るあなた方には出来ないとでも?
馬鹿言っちゃいけない!我々に出来ないわけはない!そうでしょう!?(⌒▽⌒)ノ



2.自分の気持ちや記憶をコントロールする術(すべ)を身につけよう


これは絶対条件じゃありません。
出来たほうが便利だよってだけ。
しかも術には便利だけど、日常生活には支障でまくりかもしれません。
あまりお勧めは出来ないかも(^-^;

あたしはウォークマン…おっと、これは商品名でしたな
(のしんの旦那に過去指摘された経験が)、えーと、そうそう、
ポータブルCDプレイヤーを持ち歩く人間です。
なんでかってーとね、特定の曲で特定の気分になるよう、
自分で自分に訓練を施してあるからですよ。

瞑想はとっても大事なことです。
んでもね、車の喧騒
(けんそう)かしましい路上で、人の笑い声が響く店内で、
瞑想なんかそうそう出来ますか?
でもそんな場所でも術をやらなきゃならないことも あたしらにはあるんですよ。
だってそれが仕事ですから。場所なんか選んでいられないんです。
術をするのに最適なお膳立てが整うまで、
指をくわえて現状を傍観してはいられないことだってあたしら術師にはあるんですよ。

そんな時、まるでパブロフの犬
(分かんない方はググってみましょう。
しかしこれは一般常識ですぞ?)
のように、ある特定の曲を聴けば、
ある特定の感情に自分の脳が支配される、
そういう
「自分への条件付け」が出来ていると便利です。

瞑想てのはどうも苦手だけど曲を聴くのは好きだって方は、
ある特定の曲を聴いている間、自分の心の中にある特定のイマジネーションのみが
沸くように訓練しておくといいかもですね。
そのイマジネーションから湧き上がる力
(憤怒でもなんでもいいですよ)
必要になる術をしなければならなくなった際、術の前にその曲を聴いておけば
術中自分の感情を利用しやすくなることでしょう。

(*母国語の曲のほうが感情移入しやすいって方と、
ヒアリングできない言語の曲のほうが感情がブレなくていいって方が
いらっしゃいます。そこらへんはご自分でうまいことやって下さい。
あたしなんか歌そのものが無いのをよく聴いてますから。
高中正義さんのやつなんか超お勧め!)


曲がやだってんなら絵でもいいです。
ある特定の絵を観ている間、ある特定の感情のみが湧き上がるように
訓練しておけば、 その感情があったほうが術がしやすいというケースに遭遇した際
役立つことでしょう。 ぶっちゃけ術の代行なんて、この訓練が出来てないと
やりづらくってたまりません。
だって他人の気持ちなんかあたしの知ったこっちゃないんですから。
それを我がことのように感じることなんて不可能に近いんですから。
だって他人事だしね。 じゃあ、他人事を自分のことのように感じられるような、
そういう「媒体」を事前に準備出来ていればいいわけでしょう?
これが出来るようになるまでには多少の時間と慣れと試行錯誤が必要でしょうけれど
術というものをライフワークほどではなくとも、日常的に行うであろうと思われる方は
この訓練をしておくと便利だと思いますよ。


もうひとつ。
「記憶の再現」という手法があります。

例えばあなたがとても辛い体験をなさったとしましょう。
もうこの世に自分を存続させることすら苦痛であるほどに。
それを愚痴を聞いてくれる親切な方々を誰でも彼でもとっ捕まえてぶちまけて
ストレス発散をしながらてめえの傷を癒すって方法も一般的にはありますよね。
それもいいです。そのほうが早く楽になりますし。
親切な方々はあなたを慰め共に涙を流してくれ、
あなたを励ましてくれることでしょうから。

…その手法をあえて取らないんです。
哀しく苦しく、もうこの身を維持することさえままならぬほどの
感情の激流に飲まれながら、 何度も何度も、それを自分の心の中で
再現するのです。 そこに至るまでの全過程を、出来るだけ鮮明に正確に
シミュレートしなおすのです。
治りかけたかさぶたを何度も何度もひっぺがし、
血を何度も何度も再度流しながら、 歯を食いしばって再現し続けるんです。
誰にもすがらずに。助けなんか求めずに。
肌が粟立つほどに
(比喩じゃないですからね)、再現し続けるんです。

…そうして、叫びたくなったら、その激情を術にぶつけるんですよ。
もうこれ以上耐えられるか馬鹿野郎!この気持ちどこにぶつけりゃいいんだ!
この、我が身が崩れゆくような苦しみを、私に下した野郎はどこのどいつだ!

…その時点で
『的』をすり替えるんです。
たとえその『的』がこの惨劇の主原因でなくたっていいんです。
八つ当たりで構わないんです。
「お前のせいで!お前がいたから!お前だけは許すわけにはいかぬ!」と
その「すり替えられた的」に、激情のままに術を行うんですよ…。

…その、「再現する力」が上手ければ上手いほど 、
「再現される苦しみ」が強ければ強いほど、 その術の成功率は劇的に飛躍します。
保証しますよ(・−・)

しかしこの手法を取得しようと思ったら、

あなたは辛く哀しいことほど、我が身の中だけで処理しなければならなくなります。
他者からの労わりの言葉はその傷を癒す可能性があるので、
受けるわけにはいかないんですよ。
そしてその哀しみを心の中で永遠に再現し続けるんです。
術をやらない時でも再現するんですよ。
だって色褪せちゃ困るんだもの、その想いが。大事な「術の主動力」なんだからね。

決してお勧め出来ない手法です。ろくなこたぁねぇ、そんな生き方。
副作用として、くだらないことほど愚痴を言うようになるしねぇ(´_`;) 
だってそういうことしか愚痴れないからね。
ホントに誰かに聞いてもらいたいことはいつも自分の心の中。
そんな生き方は到底お勧め出来ませんなぁ(´_`;)
ま、これもひとつの手法だよってな感じで覚えといて下さればそれで十分です。



3.願いがブレる時はレインボーオブシディアンを併用してみよう


的に当たらねぇよりは、的ごとぶっとばしたほうがいいことのほうが多いので、
普段はゴールデンオブシディアンなどを用いることをお勧めしておりますが、
「この的だけは外すわけにはいかねぇんだ!」てな時は、
レインボーのほうを使いましょう。



上の図は、
mixiのコミュであたしが「自分が普段使ってる品」として紹介したものです。
現在では改良を加え、全部で72個の石で構成されております。
黒い部分は
レインボーオブシディアン(最大で20ミリ)黒水晶(最大で12ミリ)
緑の部分は
モルダバイトです。 勾玉は蛇紋石の一種を使っております。

どうしても的にまで届かせないといけないような願いとか、
早急になんとかしないといけない願い
(力を蓄積している時間があまりない)とか、
的をずらすわけにはいかない願いのような場合、
こういう
「併用物」があると術がはかどります
見ちゃダメ護符などを使用して願う際に、こういうものも同時に左手に
持っておけばいいわけです。 あとはお休みになる際、左手で握り締めながら
おねんねなさるとかね。 外には持ち歩けない
(だって凶器じゃんこれ)一品ですが、
あると便利な品でもあります(⌒▽⌒)ノ まじお勧め♪


…ま、長々と書きましたがこんなとこですかね(・−・)y-.。o○
いやほんと、術の成功率の高い奴ってのは、能力が高いというよりは、
単純にポイントを抑えて効率よく術をしているからなんですよね。
無駄がないというか回り道をしないというかなんというか。
だから皆さんだって要所要所を押さえて術をするように心がけさえすれば
石だろうが護符だろうがなんだろうが、その力を引き出すことが出来るようになると
あたしゃ思いますよ(⌒▽⌒)ノ

…それでは皆さんのご健闘をお祈りしておりますぞ!
FIGHT!(⌒▽⌒)ノ



**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20