『良い子のなぜなにコーナー4』  No.87

ども(´_`;) ← ここんとこイロイロあったので疲れている

えーと。
最近よく頂くご要望及びご質問に関しまして、
ダブっているものがいくつかございますので、
ここで「注意書き」として代表的なものをご紹介しておこうと思います。
「このサイトのこたぁ、紫乃女って奴よりもよぉく把握してるんだぜ( ̄▽ ̄)b」
なんて方々は飛ばして読んで下さって超OKです。


んじゃ行きますよ(⌒▽⌒)ノ



1.「呼吸法と気の回し方のファイル」配布に関して

以前はあたしのほうにメールにてご請求下さった方々に、
その方々のPC環境に合わせて保存形式を変えたファイル
(docとかpdfとかtxtとか)
メール添付の形でお返ししていたんですが、
最近のウィルスソフトさんの成長ぶりには目を見張るものがあり、
「怪しい奴から送られてきたファイルなんか受け取れるか!」てなわけで、
受信を拒否られちゃうこともしばしば発生するようになってきてしまいました(´_`;)
無理もない話です。あたしだって呪術師から添付ファイルが送られてきたら
ちょっと考えちゃいますもん。

そんなわけで、現在は、
http://silver-w.com/shinome1.html (←クリック)
上記のURLに、お配りしておりましたファイルと同じ内容のものをUPしてあります。
こちらにアクセス頂き、ご自分のPC環境に合った形式で
各自保存なさるなりなんなりなさって下さい。
閲覧及びダウンロードの許可をいちいちあたしに取る必要は全くございません。
どうぞお好きになさって下さいませ(⌒▽⌒)ノ

転載だけはご勘弁を。
「あたしの書いた文章を勝手に転載するなんて不届きな!」という
感情からではございません。
この呼吸法は
精神性をUPさせる代わりに肉体面に若干とはいえ負担が掛かります
これは何度かこのサイト及びBBSでお話してあると思うんですけどね。
古参の皆様はご存知かと。
(新人な方々は覚えておいて下さいね(・−・)b)
で、転載先にその問題点がちゃんと明記されているならば構いませんが、
ただ転載しただけだと、循環器系に問題のある方々が何も知らずに
熱心に呼吸法を訓練なさった場合、 どのような弊害が起こるか分かりません。
ですので無断転載はご遠慮下さい。
無断転載する場合は、訪れる方々にどのようなことを問題点として
注意するべきかってのを事前にあたしにお問い合わせ頂きますと
幸いでございます…って、 これじゃ無断転載にならないな、困ったな、まぁいいか(¨;)
とりあえずそんな感じでひとつよろしくです。



2.脳コラム「BRAIN VALLEY」について

「脳コラムURL送ってくださーい」っていうご依頼がいまだに結構多いです。
あたし以前どこかで「受付はもう終了してるんだよーん」てのを
書いた覚えがあるんですが、 気のせいなんだろうか(´_`;)

えーと。 こちらの諸事情により、URL申請が出来るメールアドレスは、
プロバイダーから発行されたアドレスのみとさせて頂いておりました。
GooメールとかYahooメールとかそういうフリーアドレスからのものと、
いつでもコロコロ変えられる携帯アドレスからのものは
不許可にさせて頂いてたんですよ。
なので人数がかなり限られちゃいましたけどね(´_`;)

しかも今は
受付はいったん終了しております。
まだ2話しかコラム上がってないしね。
実は、裏銀に閉鎖掛けてそっちへお引越ししようかなーとか
イロイロたくらんでいる最中なんですよ。
なので再募集するにしたってまだ時期がはっきりしません。
再募集の際はBBSなどでちゃんと事前告知を行いますので、
どうかそれまでお待ち頂けますと幸いでございますm(__)m


まぁ他にもイロイロメールは頂いておりますが、
出来ましたらお手数ですが、
質問メールを下さる前に 一度、
「質問用BBS」の【総合】というタイトルが頭についているスレッドに
目を通してみて下さい

そこにはよく尋ねられる質問やファイルに関する覚書が
最初にまとめられています。
まずそれらをご覧頂いてから改めてご質問頂きますと
手間が省けて
(身も蓋もないな)大変助かります。
どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

あと、我らがつっきー館長による超大作、
「half-sheqels wiki」(←クリック)もございますので、
そちらも併せてご利用頂けますと幸いでございます。



3.役職名(?)に関して


結構頂くメールですな(´_`;) そんなに気になりますかね?

Q:「なぜつっきーさんには『館長』という役職がついているのですか?」

A:銀30枚サイトにおける全ての文章内容を把握し、 
それをまとめている方だからです。
あたしのコラムやBBSへの皆様の書き込みなど、
ありとあらゆる記録を分野ごとに分けてから wikiに転載して下さってます。
なので、「図書館長」→「館長」となりました。
決して「艦長」ではないので間違えないように気をつけて下さい(・−・)b


Q:「なぜエリカさんには『隊長』と…(以下略)」

A:あたしは自他共に認める攻撃的な性格です。
売られた喧嘩は借金してでも買いたくてたまりません。
しかし「紫乃女」がそれではダメな場合もあると思うんです。
そういう場合、あたしは事前にのしんの旦那に
「○○の書き込みに対して△△というレスを返したいのだが、
それに関してあなたはどう思うか?」という問いかけを行うことがよくあります。
たいていの場合、旦那に「止めとけ」とSTOPを掛けられます。
そしてたいていの場合、彼の制止を振り切って
あたしは書き込みをしちゃうんですけどね(* ̄ー ̄)b
みんな、気の毒なのしんの旦那に励ましのお便りを出そう!
← そういう問題か?

で。 そんな時、
なかなかの高確率であたしより先にエリカさんが書き込みをして下さるんです。
つまりあたしの代理として喧嘩を買って下さっているわけで。
別に事前に打ち合わせとか何もしてないんですけどねぇ(¨;) なんでなんだろ?

ま、そんな経緯から、あたしは彼女を『特攻隊長』と呼ぶようになりました。
大将より先に敵陣に斬り込む役なんですから。
実に無理のないネーミングだと思うんですがいかがでしょうか(⌒▽⌒)ノ


Q:「のしんの旦那さんとはご結婚…(以下略)」

A:してねぇっつーの(´_`;) あんたがた、のしんの旦那に失礼ですぞ!
しかもこれもどこかのコラムですでに書いているような気がするし!

「旦那」てのは、あたしにとって、見所のある男に対する「敬称」です。
逆に、なんだこの甘ちゃんは、踏んだ修羅場の数が知れるよ、情けないねぇ…
と思うような男性のことは、年齢に関わらず「坊や」と呼びます。

失敬な!とお思いの男性陣も多いことでしょう。あたしもそう思います。
しかし、女子供に甘く&野郎に手厳しくってのは
あたしが親父に教わった家訓でもあります。
男の背中ってのはいつの時代でも女子供にとっての「憧れ」であるべきだと
あたしは思うんですよ。 なのでどうしても採点は辛めです。
そこらへんはまぁご容赦くださいませm(__)m



4.Voodoo Dollの作り方について

なんか最近ですね、メールやらお電話やらで
「Voodoo人形の作り方を教えやがれコノヤロウ!」というご意見を頂くことが
やたら多いんですが、 一体全体何事ですか、物騒じゃないですかo(><;)(;><)o

実は今まではご要請を頂いた方には、
あたしなりのやり方を記したファイルをお送りしていたんですが、
そのファイルが格納されているPCが時代遅れになりましてね、
最近全くそっちは電源入れてない状態なんですよ。
なのでそのPCから引っ張り出すのもオオゴトなので、
この際ここに覚書のように書いておこうかなーと思ったわけです。

で、今からここに書くことは、
あくまでも「あたしなりの考え方&あたしなりのやり方」に過ぎませんので、
「こういうやり方もあるのか」程度に参考にして頂けますと幸いでございますm(__)m

前置きも無事済んだところでさっそく話を始めましょう。
食らえ!銀30枚名物「超駆け足説明」!(⌒▽⌒)ノ
← 開き直り

Voodoo人形を使う術は、
類感魔術というものに分類されると思います。
類感魔術とは、形の似ている物同士には相通じる何かがあるんじゃないか…
という考えから派生した術です。
つまり、分かりやすくいうと、
本体ではないけれど、それに類似させたものに対して
術を施すことによって、本体にも影響を及ぼそう
というものです。

日本古来のものだと、
藁人形なんかがこれに当たりますね。
藁人形は呪いたい相手本体ではないけれど、藁人形に対して術を施すことにより、
呪いたい相手そのものに影響を及ぼそう…そういうシステムなわけですから(・−・)b

で、藁人形にしろVoodoo人形にしろ、
こういう「ヒトガタ」に術を施すことに関しては、
一般的に
女性のほうが男性よりも適性があると言われております。

例を挙げましょう。
ある幼い男の子が…えーとそうだな、何か戦隊モノのおもちゃで遊んでいたと
仮定しましょう。 楽しく遊んでいるその男の子に忍び寄ったあなたは、
いきなりそのおもちゃを奪い取り、 その子の目の前でそれをへし折り、
床に叩きつけ、散々に踏みにじりました。

当然男の子は怒り、火がついたように泣き出すことでしょう。
そんな子供の目の前に、先ほどあなたが台無しにしたおもちゃよりも、
ずっと高級な同類のおもちゃをさっと差し出すのです。
「お詫びにこれをあげるよ。こっちのほうがさっきのよりもずっといいものなんだよ」と。

そりゃあ男の子だって納得はしないでしょうが、
それでもぐずりながらその新しいおもちゃに手を伸ばすでしょう。
なんたってそっちのほうがずっと高級でいいものなんですからね!


さて。
ある幼い女の子が…そうだなぁ、お人形さん遊びをしていたと仮定しましょう。
楽しく遊んでいるその女の子に忍び寄ったあなたは、
いきなりそのお人形を奪い取り、 その子の前でその人形の首をへし折り、
床に叩きつけ、散々に踏みにじりました。

当然女の子は怒り、火がついたように泣き出すことでしょう。
そんな子供の目の前に、先ほどあなたが台無しにしたお人形よりも、
ずっと高級な同類のお人形をさっと差し出すのです。
「お詫びにこれをあげるね。こっちのほうがさっきのよりもずっといいものなんだよ」と。

…女性陣にお尋ねしましょう。
あなた、泣き止みますか?
首を横に振り、泣きじゃくりながらこう叫びませんか?
「それじゃないの!さっきの子を元に戻して!」と。


男の子にとって、おもちゃはアイテムです。
仮想世界において自分の武器となり盾となるものです。
自分を強くする一種のステータスに他なりません。
たとえそれに感情移入
(仮想世界においてそのおもちゃを自分自身だと見なす行為
を)
していたとしても、今自分が所有しているものよりも、ずっと上のランクのものが
目の前に現れれば そっちに興味が移るのが男の子です。

女の子はそうはいきません。
あなたが散々に踏みにじったそのお人形は、すでにその女の子の「子供」なのです。
自分の子供に代わりがあるでしょうか。
他人の子供を与えられて納得出来るでしょうか。 出来るわけがない。
だから女の子は叫ぶのです。「私の子供を返してくれ」と。


…非常に大雑把な分類分けだなぁとはあたしも思います。
これに当てはまらない人も大勢いらっしゃることでしょう。
しかし、男女に、幼い時からこういう違いがあることも事実です。
つまり、
「人ではないモノ」に対して、「人」であるかのように感情移入し、
それを扱うことが出来る能力
の差、この差こそが、人形を用いた術に関する
男女の適性差の正体です。
駆け足の説明でしたがなんとなくはご理解頂けましたでしょうか(・−・)y-.。o○

まぁ、逆に言うならば、
術対象者本体そのものではないけれど、それを模倣して作った人形に対して、
術対象者本体そのものであるかのように感情移入し扱うことが出来るのであれば
男性であっても適性はありますし、出来ないのであれば女性であっても
こういう術には向いてはいません。 そこらへんはご自分とよく相談の上、
適性があるかないかを自己判断なさって下さい(⌒▽⌒)ノ


さて。
ではまぁ話の都合上、そういう適性があったと仮定いたしますよ?
じゃあ次に、具体的にどう術を行うのかって話なんですが、
本来であればここでVoodooの歴史とかそういう講義を延々と行ってから
具体的な話に移行をするほうが魔術師っぽくていいんでしょうけれど、
あいにくとあたしゃ呪術師なので、とっとと実践編に移りましょう(⌒▽⌒)ノ

Voodoo Dollってのは、恋愛用であれ呪い用
(要するに呪殺用)であれ、
術の対象は人間になるはずなので、原則、人の形に成型
(成形)します。
つまり、頭部、胸部+腹部、それに手足が2本ずつのヒトガタを作りましょう。
材質は布でも粘土でもいいですね。
木の枝を寄り集めて藁人形のようにヒトガタに成型することもありますが、
呪い用ではない場合、無難に布などで作っちゃったほうがいいと思いますよ。

術の目的が恋愛系の場合、
術対象者が身につけていた衣服などを用意出来るのであれば、
その布で人形を作ってみてもいいでしょう。
恋愛系の場合、人形の色は赤にしたほうがいいという意見が一般的ですが、
もしも術対象者が実際に使用した衣服が手に入るのであれば、
色よりもそちらのほうを重視するべきだと、あたしは思います(・−・)y-.。o○


(呪いの場合、対象者の衣服が手に入る機会はまず無いと思いますが、
 可愛さ余って憎さ100倍!とかのケースでたまたま衣服を入手する機会に
 恵まれた場合、 黒い布を用いるよりも、その衣服で人形を作ったほうが
 効果的であるとあたしは思います。
 ただし、あくまでも“憎さ100倍”の気持ちが揺るがない場合のみです。
 対象者の残り香などで報復の気持ちが揺るぎそうな場合は、
 素直に黒布で人形を作って下さい。)



布で作る場合、
人形の厚みを出すために、
パンヤ綿などを用意なさったほうがいいでしょう。
だって、ぺらぺらじゃ感情移入もクソないっしょ?(^-^;
要するに人形の腹に詰め込むだけなので、
弾力があって作業しやすい材料ならばなんでもOKです。

人形には、目となる部分と口の部分、あと心臓の部分に印をつけておきましょう。
白糸や黒糸で縫って印をつけてもいいし、油性のペンなどで描いてもいいですね。
ただ、ペンだと消えちゃうこともあるので、縫ったほうが無難ではあります。

まぁ文章だと伝わりにくいでしょうから、見本画像出しますね。
不気味になるのであまり出したくはありませんが…(- "-)



ぎゃーーーーー不気味だぁ( ̄▽ ̄;)
← お前が言うな!

ま、まぁこんな感じに出来てりゃOKだってことですよ。
人の形っぽくなってりゃいいので、あとは皆さんのデザイン能力と創造性に
お任せしたいと思います 。。゙(ノ><)ノ


さて。
これで人形の外側は完成しました。
じゃあ今度はその人形を、ただの布の塊を、
術対象者に「類似させる」作業を施さないとね(⌒▽⌒)ノ

ここで必要となってくるのが、術対象者固有のアイテムです。
例えば術対象者の写真
(対象者一人だけが写っているものが望ましい)
髪の毛、爪、血液、吸い終わった煙草のフィルター、
…えーと、要反転 →
(精液とかさ、経血とかさ)なものが揃えば揃うほど、
類似効果は強くなるんだとお考え下さい。

それらをかき集めて綿などに包み、人形の中へぎゅうぎゅうと押し込みます。
平均的に綿が入ったら、人形の腹を糸で閉じて完成です。


紫乃女注:
マジカルオイルを先に人形の内包物へ使用なさる場合、
量は少なめのほうがいいです。 特に、「要反転」なアイテムを仕込んだ場合は
それにオイルが付着しないように注意なさったほうがいいと思いますぜ(´_`;)
人形完成後にちょびっとオイルを使いたいなーなぁんて方は、
心臓印の×のところに、少量垂らす程度でいいんじゃないかと。
オイルは既製品ならばAnna Riva女史の“Voodoo” (呪い用)とか
“Come to Me”(恋愛用)なんかが有名なんじゃないでしょうかね。
どのオイルが相応しいかってのは本当に各自のケースバイケースだと
思いますので、ここでは一概には言えませんが。



人形が完成したならば、それを術対象者本体であると見なし、
その人形に対して自分のほうを振り向いてくれるよう願うもよし、
目や心臓部分、性器部分などを針山状態にして、「憎さ100倍だぜコノヤロウ!」と
痛めつけるもよし。要するにあなたの感情の「捌け口」として、
その人形を用いて下さればそれでOKです。

呪いの場合、一般的に人形に針を刺したりナイフで傷つけたりすることが多いですが、
恋愛用の場合でも、針に“Commanding系”
(要するに命令服従要請系)のオイルを
垂らして、それを人形の心臓部分にゆっくりと刺してゆくって手法もありますぜ(・−・)

ただ、なんていうんでしょうかねぇ、
こういうのって「○○のようにしなければならない」というキチンとしたマニュアルが
あって、その通りにすればそれでOKっていう類のものじゃないとあたしは思うんです。
ヒトガタの術は、術者が術対象者本体とその人形との間にある「溝」を、
いかに埋めるかってことに掛かっている
んじゃないでしょうか。
決められた時間に決められた通りの手法を用いて術を行うよりも、
自分の感情がその「溝」を飛び越えてしまえるぐらい高まった時に、
その溢れんばかりの感情の捌け口を求めて術を行ったほうが、
ずっと良い結果を出せる
んじゃないかと思うんですよ。
下手なマニュアルなんか術者のイマジネーションの邪魔にしか
ならないんじゃないかってね(・−・)

それでもマニュアルはあったほうがいいってことであれば、
野暮だなぁとは思いますが一応作ってみますんで、
そういう場合はまたお声を下さいませ(・−・)y-.。o○



…ふう。
なんだか長々と書いてしまいましたな、いかんいかん(´_`;)
手短にまとめるのも能力のうちだと思うのに、
どうもあたしの話は脱線は多いわやたら長いわでコマリモノですよ(⌒▽⌒)
← 他人事

コマリモノと言えば、あたしには「口は災いの元」っていう
必殺技
(対自分用)があるんですが、 なんだかどうやらそれがまたしても
炸裂したっぽいんですよねぇ…(´_`;)
富と名誉特化アイテムのテストが終了してるとかBBSに書かなきゃ良かったなぁ。
うっかりしてたぜ。 典型的な
雉も鳴かずば撃たれまいにってやつですな。
皆さんも反面教師として参考
(?)になさって下さい(⌒▽⌒)ノ


それではまた!



**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20