『術における意識のON/OFFの重要性』  No.93

ども。
最近野暮用ばかりでなにやら忙しい紫乃女です。
皆様、ご機嫌いかがですか?(・−・)y-.。o○


ひょんなことから、
『術における意識のON/OFFの重要性』について
コラムを書く羽目になってしまいました(-"-)

この銀30枚サイトでも、今まであちこちで散々書いてきているはずですので
正直、「何を今更」な気分ではありますが、
(だってつっきー館長のwikiにも一杯載ってますし?)
まぁまとめという意味で、ここらでちょっとお話しておこうかなと思います。


ある方が、「A」という望みを心に抱いていたと仮定しますよ?
その方は昼も夜もそのAという想いから逃れられません。
そりゃあ人間ですから仕事中や授業中など、
他に意識を集中させなければいけない作業中は
そのAという想いを忘れていることはあるでしょうけれど、
そういうものから開放されたとたん、またAという願いについて考え始めてしまう…。
皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか?

術をするにあたって、
それの媒体が護符であれ石であれなんであれ
(何も使わなくてもですよ)
およそ、上記のような状態である限り、その方のAという望みが叶うことは稀でしょう。
叶わないと言い切っちゃってもいいくらいです(・−・)y-.。o○

術にとって、
どれだけ長い間
(時間・期間)その願いを心に抱くかが大事なんじゃありません。
どれだけその願いを(想いを)顕在意識から潜在意識の領域へと落としこめるか
ここが重要なんですよ。
術においてこれ以上重要なPOINTは無いだろうと断言出来るほどです。


理由を述べます。
以前書いてた脳コラム
(再開しなきゃね)のほうでも説明していたことですが、
人間の脳における顕在意識領域と潜在意識領域を比べれば、
潜在意識が占める割合のほうがずっと大きいのです。
北斗の拳の主役、ケンシロウ氏の言葉を借りるのであれば、
「人間の顕在意識は3割程度で、残りは潜在意識の領域」だそうじゃないですか。
顕在意識・潜在意識という分け方が気に入らないのであれば、
普段日常で使用している領域・普段意識的には使用していない領域という区別でも
構いません。
現代のように恵まれた世の中では、昔マンモスを追いかけていた我々の先祖のように
生きてゆく為に脳をフルパワーで使用しなければならない状況ってのは
そうそう起こり得ないと思います。
よくいう
「走馬灯」てのはね、危機的状況に陥った脳が、
今のこのヤバイ状況を打破する何かいい手は無いもんだろうかと、
過去に経験した全てのデータを大慌てで再検索している現象のことなんですよ。
でもそんな過去のデータなんて、あなた普段イチイチ意識的に
思い出したりはしていないでしょう?
それくらい日常のあなたは脳のごく一部の領域しか使用していないってことなんです。
ま、いいことですよ、毎日毎日脳をフルパワーで稼動させないと生き抜けないような、
そんな世の中になられても困るのだしね(・−・)y-.。o○

しかし、術ってのは、 「奇跡を偶発させる力を産む」作業です。
滅多に起こらないから奇跡なんですよ。
んで、そいつを起こそうってのが術なんです。
それには莫大な力が必要になるんですよ。
それを脳のほんのちょびっとの力だけで起こそうだなんて、
ちょいと虫が良すぎる話なんじゃあないでしょうかねぇ?


じゃあどうすればいいでしょう?
どうすればそんな大きな力が生まれるのでしょうか?


それにはやっぱり顕在意識だけでなく、
潜在意識の力をも借り出す必要があるのでは?
借り出そうと思ったら、まずは潜在意識さんに
「現在あたしはですね、これこれこういう望みを抱いていてですね」ってことを
分かって頂く必要があると思いませんか?

これが顕在意識→潜在意識への願いの落とし込みという作業です。
それには「意識のON/OFF」が必須になってくるってことなんですよ。
ここまではご理解頂けたでしょうか?(・−・)y-.。o○


では次に、
どうして意識をON/OFFさせないと、潜在意識の領域に願いを落とし込めないのか、
そこをご説明することにいたしましょう。
ていうかそれをやらないと、どういう弊害が発生するのかをご説明しておかないとね!


あなたは、生き物です。
急に何を言い出すんだコノヤロウ!とお思いでしょうが、
まぁ辛抱してあたしの話をお聞き下さい。

生き物には消そうと思っても消せない欲があります。
自己保存(生存)の本能と、種族保存の本能です。
まぁ人間は自殺しちゃう生き物ですので、
ちょいと話がややこしいっちゃーややこしいんですが、
自殺したいほどの完全なる絶望に追い込まれない限り、
生き物である人間は、自分というものを安全に維持することを本能的に願いますし、
出来ることであれば、自分のDNAを後世に残したいと願うもんなんです。

ただ、この複雑怪奇な現代では、この2番目の本能は
とてもないがしろにされていますよね。
でもよく考えてみると、この2番目の本能をないがしろにするその理由は、
2番目の本能に従うと、1番目の本能に影響が出ると本人が判断しているケースが
多々あります。 ま、ここで重要なのは1番目の本能のほうですので、
2番目のはちょいと棚に上げておきましょう。

誰だって煮え湯に飛び込むのはゴメンです。
波乱万丈で山あり谷ありな、
修羅場★ラ★バンバな人生よりは、
(あたしはサザンオールスターズの大ファンです。何か文句でもおありですか?)
例え平凡でも、平穏無事で苦労の少ない、幸せな一生のほうがいいでしょう?
そんな一生のほうが危機的状況に陥ることは少ないでしょうしね。
その生命体
(個体)にとって重要なのは、
いかにその生命体が危険な状況に陥ることなく、
一生を全う出来るかってことなんですから、
皆がそう願うのは当たり前のことなのです。
だからこそ、お正月に神社仏閣で売れる御守りNo.1は
「家内安全」の御守りなんですよ(⌒▽⌒)

しかしここで考えてみて下さい。
ではその「平穏無事な一生」が、あなたという生命体にとって
No.1の願いだったと仮定して、 あなたその願いを毎日毎日、昼も夜も、
意識的に願いますか?

もちろん、初詣の時にお賽銭投げながら願うことはあるでしょう。
でもそれ以外の時はどうですか?
夕食のたびに祈りを捧げる宗派の方は置いといて、 神無な民である日本人の方々、
あなた方は
毎夜毎晩、少女の悲鳴にも似た…って違う!
ええと、その「平穏無事な一生」をご自分の願いとして意識的に願うことは
おありでしょうか?
(あたしは聖飢魔兇梁腑侫.鵑任發△蠅泙后「蝋人形の館」は名曲ですぞ!)


…(・−・)y-.。o○
YESな方は少数派でしょうな。
一般的な方々は、「んなもんイチイチ願うかい!」とお思いのことと思います。


うん。その通り。
でも、「イチイチ願ってない」のはあなたの顕在意識です。
意識的に願いますか?ってこっちもお尋ねしましたしね。
つまり顕在意識を使用してイチイチ願っていなくたって、 あなたの潜在意識は
「この生命体が危機的状況に陥ることなく天寿を全うすること」を
本能的に、生命体の本能として、いつも目指しているんですよ。
その為に日夜稼動し続けてくれているんですよ。
ありがたいことじゃあないですか(⌒▽⌒)/


潜在意識にとって、これが一番の願いです。
これこそが願いなのです。本能的な欲求なのです。
これを上回る願いなど、潜在意識には本来ありません。
しかし、先ほども申し上げましたとおり、 潜在意識さんに加勢して頂かんことには、
奇跡を偶発させるような、 そんな大きな力は生み出せません。
なので、ここはなんとかして、

「いや、その願いもごもっともなんですけれど、
  実は今、個人的にもっと重要な局面を迎えていましてですね、
  その願いはちょっと置いといて、こっちの願いのほうに
  お力をお貸し願えませんでしょうか」

と、 潜在意識さんに理解してもらう必要が出てくるわけです。
つまり、潜在意識の本能的な願望の上に、あなたの現在の願いを
上書きする作業を 行わなければならないよということです。
その作業を行わない限り、あなたの潜在意識はあなたが顕在意識で願う内容なんか
知ったこっちゃありません。あくまでも生命体の本能的な欲求に忠実に従って、
「この個体が平穏無事に生命を維持すること」を第一目的として
稼動し続けるだけでしょう。


たとえばあなたがAさんという方のことを好きになったと仮定しましょう。
そのAさんという方は…こういう言い方はなんですが、
あまりお金持ちではなかったとしましょうか。
または…そうですねぇ、 一緒になったら
(結婚したら)
あなたが苦労するのは目に見えている方と言い換えてもいいですね。
とにかくあなたはそういうAさんのことを好きになってしまったのです。
あなたはそのAさんを自分のものにするために、日夜祈り続けます。
どうか彼が
(彼女が)私のことを好きになってくれますように。
どうか彼が
(彼女が)私のことを人生の伴侶として選んでくれますように。
あなたは毎日毎日祈り続けます…あなたの顕在意識の中で、意識的にね。

しかしここでその願いを、
潜在意識さんのほうに伝える作業を怠っていたと仮定しましょう。
潜在意識さんはあくまでも、あなたという個体が平穏無事に生命を維持することを
第一目的として稼動し続けます。
そんな潜在意識さんから見れば、一緒になれば苦労するのが目に見えている
その相手を 選ぶわけがありません。
もっと安楽で平穏無事な一生を提供してくれそうな、そんな相手のほうが
いいに決まっています。個体のことを思えば当然です。

そして…潜在意識と顕在意識であれば、 潜在意識の力のほうが大きいのです。


…結果、どうなるかは、ご説明するまでも無いのではありませんか?


あたしはこのサイトをもう6年ほどやっておりますが、
皆さん、ONの出力を上げることにはとても熱心です。
より強く、より大きな力を出そうと、色々アイテムを使ったり修行をしたりと、
日夜努力を重ねていらっしゃいますね。

それは素晴らしいことだと思います。
でも、その熱心さと同じくらいの熱情を、
OFFにすることにも注がれるべきだとあたしは思うんです(・−・)


個人的な話で恐縮ですが、
あたしはOFFが苦手な高出力術師の呪いと、 タダの子供の呪いとであれば、
子供から受ける呪いのほうがずっと恐ろしいと思っています。
子供は本気で「○○ちゃんなんか死んじゃえ!」と呪詛を吐くくせに、
次の瞬間にはそれをケロッと忘れることが出来る生き物です。

ONの出力自体は子供ですから低いでしょうけれど、
OFFのその完璧さは類を見ません。


…そして、
呪いというものは、OFFが完璧なほど、発動するものなんですよねぇ。


意識のON/OFFというのは、 顕在意識の願いを潜在意識に伝え、
それを第一目標として教え込むための作業です。
潜在意識の力をあなたの現在の願いに味方させる、その為の作業です。
もう子供ではない我々は、そうでもしなけりゃ潜在意識の力を引き出すことなんか
出来やしないんですよ、残念なことにねぇ(・−・)y-.。o○

もちろん、あなたの願いが 「平穏無事に天寿を全う出来ますように」であるならば、
こんな作業は必要ありません。 あなたの潜在意識もそう願っています。
あなたの顕在意識と潜在意識の願いは同じです。
見ちゃダメの闇光でも上級でも使い放題です。

しかし、見ちゃダメノーマル系、つまり、目先の欲を叶えよう、
長期的展望よりも何よりも、 この目の前の願いを叶えたい!
…そう願って「目先の願い用」の護符類や石などをご使用になる方には、
(またはそう願いながら闇光護符をご使用になる方は特に)
意識のON/OFFという作業は避けて通れぬものなんです。
そうしなければ、潜在意識の力を借り出すことなど出来ないでしょう。
それどころか、あなたの顕在意識の願いなんかどこ吹く風で、
潜在意識はあなたという生命体の長期的な平穏を求めて稼動し続けるだけでしょう。
たとえそれがあなたの目先の願いに反するものであったとしてもね。


では、次に、
どうすれば効果的に意識のON/OFFが出来るのかというお話に移りましょう。
どうすれば普段その願いを顕在意識の中から追い払えるか、
どうすればいかにその願いを潜在意識の中に落としこめるのか。
ここに焦点を絞ってご説明することにいたしましょう。

…ぶっちゃけ、ON/OFFは慣れです。習慣です(´-`)
しかし、慣れだからこそ、習慣だからこそ、訓練で出来ることなのです。
天賦の才も恵まれた素質もいらない。ただの訓練です。
練習すれば出来ることなんです。 要は、やるかやらないかだけなんですよ。


2つ方法があります。

1.「ONにしていい場所・時間などを自分で決めてそれを厳守する」

例えば、トイレやお風呂など、自分ひとりっきりになる場所では、
思う存分その願いについて想いを巡らせても良いことにするのです。
その代わり、一歩そこから出たら、出来るだけ頭の中からその願いを追い払う。
願いが心に浮かんできても、それこそ意識的に違うことを考えるようにする。
そして就寝前にも思う存分その願いについて考える、もう身悶えするほど考える。
そしてそのまま眠りに落ちるようにする。
眠ってしまえば強制的に顕在意識→潜在意識へのスイッチが入りますのでね。
直前まで必死に願っていたことなので、潜在意識にも伝わりやすい方法ですよ。


2.「ブレスや指輪など、何か目につくアイテムを着用し、
   それを着用している間は考えない(または考えて良い)と
   自分でルールを決める」


この場合においても「就寝前身悶え→そのままおねんね」は超有効であります。



…どっちのやり方でもいいです。
とにかく、OFFにしている時間
(その願いについて顕在意識で考えない時間)
長く出来れば出来るだけ、願望達成に近づいているとお考え下さい。
もちろんその代わり、術中及び就寝前は、ご存分に身悶えなさって下さい。
この、OFFの完璧さとONの激しさの、その温度差が大きければ大きいほど、
あなたの「術師」としてのパワーは大きいのだとお思いになって頂いてOKです。

手前味噌で誠に恐縮ではありますが、
血も涙も無い冷酷非道の某黒魔道師はですね、
このOFFが完璧なんですよ(・−・)y-.。o○
もしもどなたかが、「あいつは恐ろしい力を持っている」とおっしゃって下さるのであれば
それはあいつのONの激しさのせいじゃない、
OFFの完璧なるCOOLさのせいなんでしょうよ。
It's SO COOL ! ときたもんだ、わははははは(⌒▽⌒)/ ←誰かこいつ殴れ

…そりゃあ最初は苦労しましたぜ?
それでなくても「売られた喧嘩は借金してでも買え」な性格してるんですしね?
でも同じ買うならでっかく買わないとねぇ!
それにはまずはCOOLになるのが大事なんですよ。
It's SO COOL ! わはははははは(⌒▽⌒)/ ←誰かこいつ殴れ



…ま、駆け足でご説明いたしましたが、ざっとこんな感じです。
ON/OFFの重要性が少しでも伝われば幸いです。


…。
そうそう。 某薔薇さんとこでですね、
PMAとかいうマジカルオイル売ってたと思うんですけどね、
あれ
絶対飲んじゃダメですぜ?(-"-)
護符を食べちゃう人もいるくらいですからね、
オイル飲む人だっているかもしれんでしょ?
100%植物性だからって飲んでいいってわけじゃあないんですからね?

そこんとこホントよろしくお願いしますよ…不安だなぁ(-"-)




**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20