14.LERAJE  No.20

さてはて、第14番目の魔物さんはレラィエさんです。
この方は読み方と綴りが色々ある方で。
LERAJEと綴って「レラィエ」「レラージュ」、
LERAIKHAと綴って「レライカ」と読む場合があるようです。
ま、なんにせよ同じ魔物さんであることには間違いありません。

大きな権力を持つ侯爵さまで、30の魔物軍団のリーダーです。
緑の服を着て、弓と矢を入れた筒を携えた狩人の姿で
現れると言われております。
(なんか侯爵っぽいかっこじゃないですな・・・)

しかしいくら侯爵っぽくないぞと思ったって、口には出さないように!
なんたって彼は、戦争や競争を起こし、持ってる弓矢で出来た傷を
化膿させる力を持った魔物さんなのですから!(物騒だなオイ)
似たようなカッコのBARBATOSとは大違いですな!
(でも同一魔物説もあり)

さて、この魔物さんは何に有効なのでしょう。
戦争や競争を起こさせるから、競技の味方になってもらうと
良いという意見もあります。ま、それもいいでしょうな。

しかし、彼は緑の服を着ている・・・。
昔々、緑はある意味今の「迷彩色」でした。
つまり敵から見つかりにくい服装なわけですね。
目立たないってことですよ(⌒∇⌒)

しかもデカイ刃物でずばっと斬りつけるわけじゃない。
弓矢でひゅんと射るわけです。しかもその傷は
その場では致命傷ではないはず。でないと化膿もしないでしょう?

どこからともなく矢が飛んでくる。
たいした傷ではないと思っていたのに、
その傷はなかなか治らず、だんだん化膿し始め、
やがて・・・。

表立って喧嘩できないような、
例えば同じグループの誰かを狙うとか、
普段は仲良くしている仲間の1人を狙うとか
そういう呪術には彼は向いていると思いませんか?

ささいな「傷」がやがてその人物の命取りとなるでしょう。
そして誰にやられたのか、誰にもわからないままでしょう。
あなたは涼しい顔をして、矢の毒がその人物の全身に回るのを
じっと影で見ていればいいんですよ^^

それこそ何かの「競争」のライバルを、彼に頼んで蹴落とすのに
いいかもしれませんね!(⌒∇⌒)ノ
これぞ有効活用ってもんですな!<なんか違う
2005/05/25



**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20